子宮内膜症治療 | 退院することを思い立ちました

手術後10日目〜そうだ、退院しよう!

スポンサーリンク

 

傷口の痛みはまだありますが、
毎日少しずつ回復しているのが分かりました。
靴下やパンツが一人ではけるようになりましたし、
傷口にフィルムのようなものを貼って
術後初めてシャワーを浴びることができました。

 

 

午後、同室のS藤さんと
病院一周のリハビリに出かけました。
病院の外は、
まったく別の空気が流れているなと感じました。

 

 

「そうだ、もう退院しよう!」

 

 

病室で安静に過ごすだけなら
我が家で過ごすのも変わらないだろうし、
病院にいれば、「3食昼寝付き」で
理想の生活のように思えますが、
すでに元気を取り戻した私が
病院にいるのも違和感があります。

 

 

また、このままのリズムでは
ずっとこの先、元の生活に戻れないのではないか
とすら感じてきました。
早く生活の感覚を取り戻したいと思っていました。

 

 

そこで思い立ったが吉日!とばかりに、
病室に帰ると、退院のための荷造りをしました。
そして回診に来た看護師さんにも

 

「私、もう退院できますよね。
こんな元気な人がベッドふさいでたら悪いですよね。」

 

と話しました。

 

 

もちろん、すぐにT田先生に連絡がいき、
あっさり却下されてしまいました。
すぐさま実家の母にも連絡がいき、

 

「どうしてお医者さまのいうことが聞けないの!!」

 

と怒られてしまいました。

 

 

それでも、涙ながらにさんざん話し合った結果、
退院予定が1日だけ短縮されました。(^^;

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>術後11日目〜採尿で事件! | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ