子宮内膜症治療 | 友達とデイルームで面会しました

手術後6日目〜友達とデイルームで面会しました

スポンサーリンク

 

この日は午後に
友人が面会に来るということで、
看護師さんにシャンプーをお願いしました。
なんと、シャンプーはタダでした。
「忙しい看護師さんにこんなことしてもらって・・・」
と、恐縮してしまいました。

 

 

その後、顔を洗って、歯磨きをして
デイルームに移動しました。

 

 

デイルームに向かう途中、
点滴のスタンドを杖のようにして
腰を直角に曲げて進んでいる自分の姿は
まさにお年寄りそのものでした。
偶然、通りかかった先生にも、

 

「お、おばあちゃんお出かけ?」

 

とからかわれました。

 

 

お、おばあちゃん・・・!!( ̄□ ̄;)
失礼な!!
まだそう呼ばれるには20年早いですよ〜〜!!
そんなココロナイ声にもめげずに
ひたすら歩き続けました。

 

 

デイルームは、入院患者が面会人と会ったり
食事をしたりする多目的空間です。
天井が高くて、壁はガラス張り。
ところどころに観葉植物がおいてあったりして、
洗練されているけど、不思議と落ち着く空間でした。

 

 

私のお気に入りの空間でしたし、
病気をしたことない友人などは、
「こんなところだったら入院してもいいかも〜!」
みたいなことを言ったりしていました。

 

 

やっぱり入院生活の辛さは、
入院した人にしかわからないですね・・・。
まぁ別に反論はしませんでしたけど。
彼女もいざ、病気になったらわかることでしょう・・・(ニヤリ)

 

 

この日は久しぶりに友達に会ったので
テンションが上がってしまって
ついついおしゃべりしすぎてしまいました。
そして無理をしてしまい、案の定、
部屋に戻ると傷口が痛くなりました。

 

 

ノドモト過ぎればなんとやらと言いますが、
夫や看護師さんにもあきれられました。
それでも、徐々に自分の体が
回復に向かって、できることが増えてきたので
嬉しかったです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>術後7日目〜痛み止め・点滴を卒業! | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ