子宮内膜症治療 | 子宮内膜症ってどういう病気なの?

子宮内膜症ってどんな病気ですか?

スポンサーリンク

 

ここからは、私がお医者さまや本などで得た
子宮内膜症についての知識をご紹介したいと思います。

 

ぜひご参考になさってください。

 

 

子宮内膜症ってどんな病気ですか?

 

子宮内膜症とは、
本来なら子宮の内側にあるべき内膜が
子宮の外側や周辺の臓器にまぎれ込んで
増殖する病気
です。

 

 

子宮の内膜というのは、
女性ホルモンの影響を受けて厚くなり
普通は着床・妊娠しなければ
血液とともに膣から体外へ排出されます。
これが月経ですね。

 

 

そして、何らかの理由で
子宮以外の場所にできてしまった内膜
子宮内膜と同じ月経周期に合わせて
増殖します。

 

 

しかし、子宮の場合は膣という出口がありますが、
それ以外の部位には
細胞や血液の流れ出る場所はありません。

結果、その周囲にとどまって塊になり
互いに融合して、周辺の組織にくっついたりしてしまいます。

 

 

卵巣で発生したものは、経血がたまって
ゴム袋にチョコレートを入れたように見えることから
「チョコレート脳腫」と呼ばれるものや
腹腔内に無数の斑点状になる
「ブルーベリースポット」と呼ばれるものになります。

 

 

また、内膜が子宮の筋層に潜り込んだものは
「子宮腺筋症」と呼ばれます。
そのほか、膣や膀胱、まれに肺にも転移します。

 

 

病巣の組織自体は良性なので
命にかかわることはありませんが、
月経痛下腹部痛性交痛腰痛など
さまざまな症状に結びつきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.子宮内膜症になりやすい年齢、人はいますか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ