子宮内膜症治療 | になりやすい年齢・なりやすい人は?

子宮内膜症になりやすい年齢やなりやすい人はいるのですか?

スポンサーリンク

 

まず年齢に関してですが、
子宮内膜症は卵巣から出る
女性ホルモンがの影響を強く受けるので、
卵巣の働きが活発になる
20代〜30代がもっとも発症しやすい年齢です。

 

 

さらに、
未婚者のほうが発症する率が高くなっています。
若いうちに妊娠・出産を経験した人は
発症が少ないです。

 

 

要するに、毎月きちんと月経がある人
子宮内膜症になりやすいということが
言えます。

 

 

逆に、月経不順などで
卵巣が十分に働いていない人は
子宮内膜症にはなりにくいようです。

 

 

また妊娠中や授乳中は無月経になるので
何人も出産している人は
子宮内膜症になりにくく、
出産を経験していない人はなりやすいと
言われています。

 

 

あと当然ながら、閉経を迎えた人は、
子宮内膜症になることはありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.子宮内膜症が起こる原因は何ですか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ