子宮内膜症治療 | 子宮内膜症の原因とは?

子宮内膜症が起こる原因っていったい何ですか?

スポンサーリンク

 

子宮内膜症がはじめて発見されたのは
今から100年ほど前で、現在では
月経のある女性の
10人に一人は子宮内膜症である

と言われています。
なかでも、妊娠・出産未経験の
20代〜30代前半の患者が急増しているそうです。

 

 

子宮内膜症が増加した理由としては
医療器具や技術の進歩により、
今まで見つからなかった
子宮内膜症が診断できるようになったことや
若いうちに妊娠・出産をしない傾向が
挙げられています。

 

 

しかし、そもそもなぜ子宮以外の場所に
内膜が発生するのか?という、
子宮内膜症になる原因については
現在のところ明らかになっていません。

 

 

近年、社会に出て仕事をする女性が増えており、
晩婚化が進んでいます。
そして、それとともに
子どもを産まない選択をする人が
増えています。

 

 

子どもを産んで子宮口が開くと
月経血の通りがよくなりますが、
子どもを産まないと
子宮口は閉ざされたままで
月経血がスムーズに排出されません。
このことが子宮内膜症の原因のひとつと
考えられています。

 

 

それに加えて、初潮を迎える年齢
早くなっていることも
月経回数が増えるということで
原因の一つと考えられています。

 

 

また、子宮内膜症は先進国に多く、
途上国に少ないといわれています。
日本人の食生活や生活習慣
欧米に近づいていることも
関係があるとみられています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q..子宮内膜症の主な症状とはどんなものですか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ