子宮内膜症治療 | 子宮内膜症の症状とは?

子宮内膜症の主な症状はどんなのですか?

スポンサーリンク

 

子宮内膜症の症状として
まず最初にあげられるのが「月経痛」です。
子宮内膜症の患者の約9割の人が
下腹部や腰への差し込むような痛みを
訴えるそうです。

 

 

さらに、月経の回数を重ねるごとに
痛みがひどくなっていくのも
子宮内膜症の特徴です。
月経痛が以前よりひどくなってきた…
痛みで眠れない…
経っていることもできない…

といった、生活に支障をきたすような痛みに
なることも多いです。

 

 

また、月経時以外にも
子宮内膜症の人の7割に見られるのが
下腹部痛腰痛です。

 

 

これは、子宮内膜症により
卵巣やその周辺の臓器が癒着して
引っ張られたり圧迫されたりして起こります。
ですから、骨盤痛と呼ぶこともあります。

 

 

さらに、子宮内膜症の2人に1人が
不妊症を併発しているといわれています。

 

 

子宮内膜症により、卵巣付近の臓器が癒着し
卵管が閉塞するなどして、排卵された卵子が
うまく取り込まれないことで起こります。

 

 

また、病状が進むにつれて
性交痛がひどくなるのも子宮内膜症の特徴です。
ただ、性交痛は心因性で起こることもありますので、
それだけでは子宮内膜症とは断定できません。

 

 

この他、直腸付近の癒着により
排便痛肛門痛貧血吐き気などの
症状が見られることがあります。

 

 

ただ、チョコレートのう腫のように
の袋状になったものは、
あまり痛みを感じないこともあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.子宮内膜症だと子供はできないのでしょうか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ