子宮内膜症治療 | 子宮腺筋症って何?

子宮腺筋症と子宮内膜症は違うのですか?

Q.子宮腺筋症という病気は、
子宮内膜症とは違うのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

子宮体部にできる子宮内膜症のこと
子宮腺筋症と言います。

 

 

一昔前は子宮腺筋症と子宮内膜症は
別の病気と言われていましたが、
現在は子宮内膜症の一つに分類されています。

 

 

子宮腺筋症は、子宮内膜より奥の
子宮の筋層の中に入りこんで
増殖していく病気です。

 

 

代表的な症状としては、
月経痛や過多月経、下腹部痛などの
月経困難症が見られます。

 

 

通常、月経時の出血は
子宮筋層の収縮によって止まりますが、
子宮腺筋症の場合は子宮が固く大きくなりますので
収縮が悪くなり、そのため大量の出血が続き
血のカタマリが出ることもあります。
その結果、過多月経や貧血を起こしやすくなります。

 

 

また子宮腺筋症は、月経時に
子宮の筋層の中に出血するので
子宮の筋肉が引き伸ばされて
非常に強い痛みになります。

 

 

痛みは、月経終了とともになくなりますが、
まれに月経のサイクルと関係なく
下腹部痛が起こることがあります

 

 

子宮内膜症は20代に増えていますが
子宮腺筋症に限って言えば、
30代と40代に多く見られます。
また、閉経とともに発生数が減少することも
明らかになっていますが
はっきりとした理由は分かっていません。

 

 

子宮腺筋症は、子宮内膜症の一種です。
子宮体部にできる子宮内膜症のことを子宮腺筋症といいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.卵巣子宮内膜症って何ですか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ