子宮内膜症治療 | 卵巣子宮内膜症とは?

卵巣子宮内膜症とはどんな症状ですか?

Q.卵巣子宮内膜症ってどんな症状ですか?

 

スポンサーリンク

 

子宮内膜症が
卵巣の中や表面で起こることもあります。
これを卵巣子宮内膜症といいます。
ちなみに私はこのタイプの症状でした。

 

 

卵巣内に子宮内膜症の病巣ができると
出血した血液が固まって、
古くなった血液が黒く変色し、
チョコレート状の袋のようなのう腫になります。

 

 

これが
「チョコレートのう腫」
と呼ばれるものです。
子宮内膜症について調べていたら
一度は聞いたことあるかもしれませんね。

 

 

この卵巣子宮内膜症は
袋の中に血液がどんどんたまっていくので
のう腫がどんどん大きくなり
普通の人は直径3センチくらいの卵巣が
人によっては10センチや20センチにまで
なることがあります。

 

 

またのう腫は1個の場合が多いですが、
人によっては複数個できることもあります。

 

 

こののう腫が大きくなって
周囲の臓器を圧迫すると、
月経痛腰痛性交痛排便痛などの
症状が現れます。

 

 

のう腫の成長の速度には個人差があり、
1年2年とほぼ同じ大きさをキープする人もいれば
1か月間で急激に大きくなる人もいます。

 

 

また、卵巣が靭帯でねじれたり
大きくなりすぎた卵巣が破裂して激痛が走り、
救急車で病院に運ばれて緊急手術を受ける人も
中にはいるようです。

 

 

ですから、少しでも気になる症状がある場合は
婦人科の検査を受けましょう。
とくに、卵巣が急激に大きくなった場合には
注意が必要です。

 

 

卵巣子宮内膜症は、子宮内膜症の一種です。
卵巣内に子宮内膜症の病巣ができ、出血した血液が固まって、チョコレート状の袋のようなのう腫になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.ダグラス窩子宮内膜症って何ですか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ