子宮内膜症治療 | ダグラス窩子宮内膜症とは?

ダグラス窩子宮内膜症とはどんな症状ですか?

Q.ダグラス窩子宮内膜症ってどんな症状ですか?

 

スポンサーリンク

 

まずダグラス窩というのは、
子宮の後ろと直腸の間にある
落ちこんだ穴のような部分です。

 

 

この部分も、子宮内膜症がよくできる部分として
知られていますが
超音波検査などでは見つかりにくく
なかなか発見されないこともあります。

 

 

ダグラス窩子宮内膜症になると、
病巣が子宮や直腸と癒着を起こし、
月経痛のほか、性交痛排便痛などの
症状が出てきます。

 

 

そして癒着して固くなった部分に
膣を通じてペニスにより力が加わり
突き上げるような痛みになるのが
性交痛です。

 

 

また直腸がぜん動運動を起こす際に
癒着部分が引っ張られて
排便時に痛みを感じるのが排便痛です。

 

 

このようにダグラス窩子宮内膜症は
周辺の臓器と癒着をすることが非常に多く
手術が難しいケースが多いです。
そのため、病巣を完全に取り除くことができず
再発の原因になることもあります。

 

 

ダグラス窩子宮内膜症は、ダグラス窩にできる子宮内膜症で、
病巣が子宮や直腸と癒着を起こし、月経痛や性交痛、排便痛などの症状が出てきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.子宮内膜症は遺伝しますか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ