子宮内膜症治療 | 症状の伝え方

婦人科では症状をどのように伝えればいいですか?

スポンサーリンク

 

たしかに医師に痛み月経量を伝えるのは
なかなか難しいものです。
痛みにも月経量にも基準がないですし
他の人と比べることができないですからね。

 

 

それでも婦人科では
自分が今、どのような症状で苦しんでいるのか
目の前の医師にできるだけ詳しく
説明する必要があります。
ではどのように伝えればいいのでしょうか。

 

 

まず痛みであれば、
お腹のどの部分が痛いのでしょうか?
下腹部でしょうか?
左側でしょうか?
右側でしょうか?
真ん中でしょうか?

 

 

どのように痛いのでしょうか?
キリキリ痛いのですか?
鈍い痛みですか?
重い痛みですか?

 

 

どれくらい痛いのでしょうか?
起き上がれないくらい痛いですか?
短時間だけど激痛が走りますか?
痛くて歩けませんか?

 

 

次に月経量を説明するときですが、
まさか計量カップで量るわけにもいきませんので(^^;
たとえば、

 

 

●時間おきにナプキンを交換する…
●●くらいの大きさのカタマリがでる…
就寝中に何度もナプキンを好感しないといけない…
月経量の多さにトイレから出られない…

 

 

といった具合に、
症状がないときとどのように違うのか
具体的にお話すれば、
医師には理解してもらえるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.医師に様子見を勧められましたが大丈夫? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ