子宮内膜症治療 | 子宮内膜症の手術費用は?

子宮内膜症手術の費用はおよそ・・・

スポンサーリンク

 

子宮内膜症の手術を受け、
合計2週間ほど入院したわけですけど、
総医療費は108万円ほどかかっていたそうです。
しかし、窓口に支払った費用というのは、
その3割負担で、およそ32万円ほどでした。

 

 

ただ、子宮内膜症は保険診療ですので、
健康保険に加入してるのなら、
「高額療養費制度」の対象になります。
ですから後日、申請により23万円ほど
払い戻されたので、
実質は9万円くらいでおさまりました。^^

 

 

ちなみに高額療養費制度とは、
医療機関等の窓口でのお支払いが
高額な負担となった場合、
あとから申請することにより
自己負担限度額を超えた額が払い戻される制度です。

 

 

ただ、あとで返ってくるとはいえ、
最初に窓口で30万円を支払うのは
大変だ(ムリだ!)という人もいますよね。

 

 

そこで、高額医療費の一時的な支払が困難で、
なおかつすでに入院や手術の日が
すでに決まっている方は、
「限度額適用認定証」の申請がおすすめです。

 

 

詳しい手続きは割愛しますが、
その認定証を保険証と併せて医療機関の窓口に提示すると、
1か月の窓口でのお支払いが
自己負担限度額まで
になります。
これにより、窓口で支払う金額も少なくて済み、
後で高額医療費の申請もせずに済みます。

 

詳しくは全国健康保険協会HPへ

 

 

ただ、あくまで1ヶ月間の医療費について
限度額までに軽減される制度ですので、
入院が月をまたぐようであれば、
その申請をせずに後から高額医療費の申請をしたほうが
手続きがシンプルになります。
実は私はこの理由で、高額医療費の申請を選びました。

 

 

さらに、確定申告の時に医療費控除申請をすれば、
所得税が戻って来ることもあります。
ちょっとでも返還を希望されるなら
忘れずに確定申告をしに行きましょう!
(※具体的に言うと、通院する為の交通費や薬代、
個人で購入した薬等も含医療費控除に含まれます)

 

 

こういったことは、知らないと損しますから
しっかり事前に調べておくことをお勧めします。

 

 

ちなみに、実際に手術にかかる費用については
手術や治療の内容にもよりますので、
その人によって異なります。
ですから、金額について事前に知りたければ
かかりつけの病院でしっかり聞いておくのが
一番手っ取り早いですし、確実です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.子宮内膜症ってどんな病気ですか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ