子宮内膜症治療 | 婦人科の選び方

Q.婦人科を選ぶときのポイントはありますか?

スポンサーリンク

 

最近は様々な雑誌などで
「おすすめの病院」を紹介していたりします。
もちろんそういったものを参考になさるのも
いいかと思います。

 

 

ただ、たいてい「子宮内膜症かも・・・」と思って
最初に足を運ぶのは、
ご近所の病院やクリニックだと思います。
私はそれで大丈夫だと思います。

 

 

逆に、最初から遠くにある大病院に行く必要はありません。
というのも、子宮内膜症の治療のほとんどは
通院して行いますので、
通いやすい場所にあるというのが大事になります。

 

 

ただし、そのご近所の医師が、
手術の実績のある医師とつながりを持っているか?
いざというときにそういった医師を紹介してもらえるか?

というのは重要です

 

 

これについては、医師に直接たずねるのは
なかなか難しいと思いますので、
受診前に
手術を受ける場合は紹介状を書いてくれるか?
どこか決まった病院を紹介してもらえるか?
などを電話で問い合わせてみることをお勧めします。

 

 

あと、内診に配慮を見せる婦人科や婦人科医
探すこともお勧めします。
何と言っても、婦人科の内診では
子宮や卵管、卵巣といった
デリケートな部分を診てもらいます。
そこで何かイヤな思いをした場合
内診がトラウマになって、婦人科を受診できなくなる
恐れもあります。

 

 

たとえば総合病院や大きな婦人科専門病院などでは
1日にたくさんの患者さんを見る関係上、
内診台のあるスペースは
パーテーションで区切られているだけ
ということも少なくありません。
そういうところは、声も音も隣に筒抜けだったりします。

 

 

最近は個室を完備している個人病院や
病院もありますので、気になるようでしたら
しっかりとプライバシーが守られているところを
探して受診することをおすすめします。

 

 

あと、医師は男性がいいか女性がいいかですが、
こちらについては、どちらでもいいと思います。
性別よりも、あなたと医師との相性のほうが大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.婦人科ではどのように症状を伝えればいいですか? | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ