子宮内膜症治療 | 縦に切るか横に切るかで悩みました

縦と横、どちらに切ってもらうか?

スポンサーリンク

 

いざ、開腹手術を行うとなったときに
決めなければいけないのは
「縦に切るか?横に切るか?」

 

 

縦に切るなら、私の場合
へその下から恥骨の上くらいまでを切ります。
横に切るなら、
ちょうど陰毛に隠れるあたりを切るそうです。

 

 

横のほうが傷が目立たないので
じゃあ横に切ってもらいたいと言いました。
ただ、T田医師はあまりおすすめしない感じでした。

 

 

というのも、横に切る場合でも
腹筋まで横に切ると傷口の回復に時間がかかるので
内部の組織は縦に切るそうです。
それでいて、表面は横に切っているので、
かき分けるようにして開く感じになるようそうです。
当然、術中の視野が狭くなってしまいます

 

 

さらに、将来的に
帝王切開などの別の手術をする場合は
すべて縦切りで行うので
今回縦に切っておけば
次のときも同じところを開けるので
傷が一つで済むということです。
逆に横に切ると、次に手術するときに
十字の傷にされてしまう可能性があるということです。

 

 

おへその下に十字傷があるところを想像して、
そんな「る●うに剣心」みたいな
意味深な傷を負うのはいやだったので、
おとなしく縦切りでお願いすることにしました。

 

 

ちなみに、手術では治療が最優先で、
傷の表面のことまで配慮してくれるところは
実際は少ないと聞きます。

 

 

もし、あなたがたとえばぴちぴちの20歳未婚で
どうじても傷口を残したくない!と考えるなら、
手術前に横に切ることが可能か
医師と相談してみてもいいと思います。

 

 

さらにT田先生と話し合って、
手術の日は、7月20日にしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>はじめてのMRI検査 | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ