子宮内膜症治療 | 手術の前に仕事の引継ぎをしました

入院中の仕事を引き継ぎ

スポンサーリンク

 

子宮内膜症治療で開腹手術を受ける場合は
2〜3週間の入院と、
2週間〜1か月の自宅療養。
つまり、短くても1か月は
仕事を休まないといけません。

 

 

このように、入院するとなると
どうしても周りには迷惑がかかります。
私は当時服飾メーカーで事務の仕事をしており
さほど大きくない会社だったので
在庫管理や商品管理を私ともう一人の女性で
担当していました。

 

 

もう一人のK村さんは、私よりも2年先輩で
すごく優秀な方だったのですが、
私が1か月休むとなると、
やはり負担が大きくなります。

 

 

おそるおそる、K村さんに事情を話すと、

 

 

「大丈夫大丈夫!
そんなに忙しい時期でもないし。
それより体のことを第一に考えてね。」

 

 

・・・なんていい人!!

 

 

おそらく私がK村さんの立場なら、
セリフこそ同じようなことを言うかもしれませんが
あんなにさわやかな表情はしていないと思います。
ストレスがすぐ顔に出る性格なので・・・(^^;

 

 

で、3週間後には
入院生活がスタートするという状況でしたので
それなら、手術までの1か月間は
できるだけのことをしておこうと心に決めて
入院前日まで仕事をしていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>いざ!3度目の入院 | 子宮内膜症治療 次のページへ

 

>>子宮内膜症の治療体験記 トップページへ

 


 
トップページ 内膜症の手術体験記 内膜症の基礎知識 内膜症の手術費用 子宮内膜症Q&A 管理人のページ